Introduction

「私が日本の演劇シーンに貢献出来たことがあるとしたら、それは何よりもまず、杉本佳一を舞台音楽へと押し出したことだろう。 宮沢章夫の遊園地再生事業団、宮沢直系の弟子である今野裕一郎率いるバストリオ、両劇団に提供した楽曲群から成る本作には、杉本佳一という音楽家の驚異的なまでに幅 広いスタイルと、多様なエモーションを見事に描き出す音像意識と、どの曲を取っても劇伴音楽とは完璧に一線を画す卓抜な構成力と、本能的かつ理性的な楽曲 センスとが、所狭しと横溢している。 私はこれらの音たちが鳴り響く舞台を全て観てきた。その上で断言しよう。ここにあるのは、完全に独立した音楽である。もちろんそれぞれの公演作品の記憶が、ことごとに思い出されはする。しかしそれらとは無関係に、このサウンドは屹立し、充実し、冴え渡り、豊かに たゆたっている。 まったく、なんて才能なんだ、杉本君、君の音楽は素晴らしい。」 佐々木敦



FilFla、FourColor、Vegpher、Minamo、Fonica等、さまざまな音楽スタイルを提示してきた数々のサウンド・プロジェクトにて日本のみならず、ワールドワイドで活動してきた杉本佳一。 これまでも数多くの映画/映像、エキシビジョンへの楽曲提供・制作、CM/web/企業VPのような広告音楽を手掛ける中、最近では演劇の音楽も手掛けて来ている。 F/T11のフェスティバル主催作品であった遊園地再生事業団の『トータル・リビング 1986-2011』の音楽担当を皮切りに、今や杉本の音楽が欠かせない存在となったバストリオの諸作品、今年上演されたマームとジプシーの『ΛΛΛ かえりの合図、まってた食卓、そこ、きっと----------』にはFilFlaの『Frolicfon』収録曲「WST」が重要なパートで使用される等、演劇界からも注目される存在となった。 キャリア初の本人名義で発売される本作は、杉本がこれまで提供して来た演劇用の音楽を厳選して、CD2枚組にパッケージ化した作品。 劇判用の音楽にも拘らず、これまでの杉本が関わって来た音楽プロジェクトのさまざまな要素が凝縮し、彼の音楽的ポテンシャルの高さを遺憾無く発揮した、CDのみでも十分に楽しめる内容となっている。



PHOTO : 『Very Story, Very Hungry』/バストリオ  © Toshiyuki Matsushita

Comments for PLAY MUSIC


宮沢章夫さん(遊園地再生事業団)

それまで杉本君が演劇についてどんなふうに感じていたかゆっくり話したことがない。演劇のことをよく知っていたのだろうか。そんなふうには見えなかった。けれど、初めからあたりまえのように、「非演劇的」な音楽を作ってくれたのは不思議な気持ちになった。熱心に稽古場に足を運んでくれた。そうした共同作業は必要だとしても、「演劇」という言葉に縛られることで、ややもすると劇的になる可能性はあったはずだが、そんな陥穽からも逃れ、あるいは、そのこと、つまり劇的に、ドラマチックになってしまうことから逃れようと意図するあまり作為的になることもなかった。舞台を前提としなくても充分に成立する場所で、まさに〈音楽〉としてあることが、私の作品にとっても、〈いい音〉として響いた意味ではなかったか。私の作品だけではなく、バストリオや、すでに発表されていた既存の楽曲だったが、マームとジプシーが使用した音楽も、演劇の側がなにかを喚起されている。杉本君の音楽を聴いたから、わたしたちのからだはそのように動いた。いや、それは、音楽にうっとりする俳優が、そのことに酔ってからだを動かす、ばかなあれとはまったくちがう。演劇と音楽のあいだに生まれる特別な関係だ。


今野裕一郎さん(バストリオ)

『PLAY MUSIC』のなかには様々な場所で鳴り響いた音楽があります。
俺にとってはすごく私的なこのアルバム。
聴くたびに、顔、身体、声、運動、物、匂い、光、影、風景、、、そして想いが 蘇ってくる。
ほんと、言葉にできないことだらけなんだけど、
思い浮かぶのは杉本さんと一緒につくってきた作品のことばかり。
いつだって音楽をかけると、すべてに光が当たるような気持ちがあった。
いい音が溢れています。ジャケットもかわいい。CDっていいなあ。
杉本さん、これからも楽しみましょうね。


藤田貴大さん(マームとジプシー)

「WST」を聴いた瞬間、あのころのぼくと、げんざいのぼく、
そして、ここにたしかにある空間がつながったのだった。
それはぼくしか持つことができなかったはずのぼくの記憶が、
ぼくじゃないだれかへ、ひらかれていくようなあたらしい感覚だった。

Keiichi Sugimoto "PLAY MUSIC"


杉本佳一の初の舞台音楽集『PLAY MUSIC』!

FilFla、FourColor、Vegpher、Minamo、Fonicaなどの名義で作品を発表してきた杉本佳一。初めて本名名義でリリースされる同作は、宮沢章夫主宰の遊園地再生事業団による『トータル・リビング 1986-2011』に提供した楽曲をはじめ、バストリオによるパフォーマンス作品やマームとジプシー『ΛΛΛ かえりの合図、まってた食卓、そこ、きっと----------』に提供した楽曲など、舞台音楽を収めた作品集となる。収録楽曲は宮沢章夫が作詞を担当し、Moskitooがボーカルで参加した“Curtain Call”、バストリオの今野裕一郎が作詞を手掛け、名児耶ゆりがボーカルで参加した“リンダ”など全53曲を収録した。

アーティスト:Keiichi Sugimoto(杉本佳一)
アルバム・タイトル:『PLAY MUSIC』
レーベル:HEADZ
仕様:CD(2枚組)
企画番号:WEATHER 065 / play 9 / HEADZ 201
価格:税抜価格 ¥ 2,500(+税)
発売日:2014年12月17日

Sound Sample :




Tracklisting

『PLAY MUSIC』A盤

    『トータル・リビング 1986-2011』

  1. 意識する二人
  2. 欠落の女です
  3. 愚痴ばかりの女
  4. じゃあ、なぜ、あの人は灯台守なのか・・・・・・?
  5. インターネット
  6. やっぱりパーティーが開かれている
  7. 南の島の屋上
  8. あの日の言葉/記述者たち
  9. きょうはわりと機嫌がいいよ
  10. Curtain Call
  11. 『Rock and Roll あなたにとって大切なのはココロ』

  12. ギターはもう聴こえない
  13. 原始人みたい
  14. これは紙です
  15. Always to now
  16. この前、どこに行ってたの?
  17. ロック・アンド・ロール
  18. 『Very Story, Very Hungry』

  19. ベリーハングリー
  20. 1、2、3、4
  21. ゾンビの音楽
  22. 木の枝で絶滅
  23. 強いココロの揺れ、ココロ
  24. 皆で踊る
  25. Paradise/牧場
  26. 結婚式の音楽
  27. 馬は、走っていました
  28. 『点滅、発光体、フリー』

  29. 人が死ぬと質量がなくなる
  30. ピエロの音楽
  31. リンダ
『PLAY MUSIC』B盤

    『グッドバイ』

  1. ふたたび宙にバツを書く
  2. 少女の思い出
  3. 霧/上昇
  4. Xは飛行する
  5. 『夏の終わりの妹』

  6. インタビュアー資格制度
  7. それから場所が変わって、
  8. 沖縄に来ないか?
  9. 汝滑町
  10. 南の島からの音楽
  11. 質問のテーマ
  12. 歌わないよ
  13. それで今度は妹が笑った
  14. デモに合う曲
  15. ハンモックの揺れ
  16. 全員が椅子に座ったらIN
  17. ペンをぽんと放り出した
  18. ヨガのテーマ
  19. 『光のない。(プロローグ?)』

  20. 女優3のテーマ
  21. ペンも紙も失ったので、
  22. わたしのからだはからっぽの・・・・・・、
  23. 「書くための道具」以外
  24. あなたはそれを望まなかった
  25. わたし、生きてるの?
  26. そう思います
  27. 『ΛΛΛ かえりの合図、まってた食卓、そこ、きっと----------』

  28. FilFla "WST"


    PHOTO : 『グッドバイ』/バストリオ © Toshiyuki Matsushita

PROGRAM 1

『トータル・リビング 1986 ̶2011』
/遊園地再生事業団

日程:2011年10月14日(金)̶ 10月24日(月)
15ステージ
会場:にしすがも創造舎

CAST & STAFF

作・演出:宮沢章夫
出演:上村 聡、牛尾千聖、大場みなみ、上村 梓、今野裕一郎、時田光洋、
   野々山貴之、橋本和加子、矢沢 誠、永井秀樹
美術:林 巻子
音楽:杉本佳一(FourColor/FilFla)
衣裳:山本哲也(POTTO)
照明:齋藤茂男(シアタークリエイション)
音響:半田 充(MMS)
映像:今野裕一郎
ドラマトゥルク:桜井圭介
舞台監督:田中 翼、大友圭一郎
演出助手:山本健介、石原裕也
宣伝写真:小山泰介
デザイン:相馬 称
制作:ルアプル(金長隆子)
製作:遊園地再生事業団
共同製作/主催:フェスティバル/トーキョー

都市に偏在する「ことば」や「からだ」を見つめ、リサーチし、演劇の構造にダウンロードする宮沢章夫。「3.11後」に焦点を当てた新作は、バブル前夜の1986年(それは遠くチェルノブイリで原発事故が起こった年でもある)と2011年の現在とをパラレルに配置することから出発する。遠くで、ごく間近で、二つの出来事は否応なく人の意識を浸食する。舞台上に現れるのは個人的で断片的な言葉。だがその重なりと分断からは、世界の歪みとそれでもなお続く私たちの生活が浮かび上がる。


PHOTO : © Nobuhiko Hikiji

PROGRAM 2

『Rock and Roll あなたにとって
大切なのはココロ』
/バストリオ

日程:2012年1月27日(金)̶ 2月1日(水) 8ステージ
会場:新宿眼科画廊

CAST & STAFF

作・演出・映像:今野裕一郎
出演:上村 梓、名児耶ゆり、橋本和加子、平石はと子、
   狗丸トモヒロ、大沢まりを、今野裕一郎、萬洲通擴
音楽:杉本佳一
衣装:安食真+告鍬陽介
写真:松下壽志
フライヤーデザイン:児玉悟之

そこはライブハウスだったけど、荒野でもあって、間違いなく日本だった。ある日、彼女は泥棒になった。なんの悪気もなかったし、べつに理由もなかった。そのココロだけが、彼女を動かしていた。音を出す身体。その震えるココロ。わたしはスピーカー。


PHOTO : © Toshiyuki Matsushita

PROGRAM 3

『Very Story, Very Hungry』
/バストリオ

日程:2012年8月29日(水)̶ 9月2日(日) 7ステージ
会場:BankART NYK NYKホール

CAST & STAFF

作・演出・映像:今野裕一郎
出演:秋山莉沙、伊藤羊子、石田美生、狗丸トモヒロ、
   児玉悟之、今野裕一郎、酒井和哉、砂川佳代子、
   橋本和加子、萬洲通擴、平石はと子、深川奈緒美、
   八木光太郎
音楽:杉本佳一
美術:安食真
衣装:告鍬陽介(catejina)
写真:松下壽志
フライヤーデザイン:児玉悟之



俺は近未来だとおもっている。地図を描こう。ある日、セックスをする夢を見た。きっと家族が出来るはずだ。嘘みたいに、とてもお腹が減っている。旅人が馬に乗っている。さあ、地図を描くために連中がやってきた。家族カムバック! それが物語だと願って眠りについた俺は、牛乳が飲みたいのだった。


PHOTO : © Toshiyuki Matsushita

PROGRAM 4

『点滅、発光体、フリー』
/バストリオ

日程:2013年2月7日(木)̶ 2月11日(月・祝) 8ステージ
会場:横浜黄金町 nitehiworks

CAST & STAFF

作・演出:今野裕一郎
出演:橋本和加子、平石はと子、名児耶ゆり、伊藤羊子、
   砂川佳代子、木下毅人、志村知晴、森 栞里
音楽:杉本佳一
映像:齋藤俊太
撮影:加賀屋里佳
フライヤーデザイン:黒木麻衣

わたしの腕に、リンダが寄生しました。雪は降り積もっていきます。カラダが埋まっていくのを感じています。夢のようです。葬式の帰り道、駅の広場でピエロを見ていたのはリンダでした。太陽はふたつありました。そんなフリー。夜が朝になる話をやります。で、朝は夜にもなる話もやります。


PHOTO : © Rica Kagaya

PROGRAM 5

『グッドバイ』
/バストリオ

日程:2013年7月3日(水)̶ 7月6日(土) 8ステージ
会場:清澄白河 SNAC

CAST & STAFF

作・演出・出演:今野裕一郎
出演:秋山莉沙、砂川佳代子、橋本和加子、山村麻由美、
   狗丸トモヒロ、新穂恭久
音楽:杉本佳一
録音:澤田栄一
写真:松下壽志
フライヤーデザイン:アベミズキ

Xは迷子になった。声はいらない、言葉はいらないと、女 たちはカラダを奪い合う。変子と行子と怪子と冷子とのありふれた日常が記録されてゆく。「あなたの幸せはどこに隠れたの?」感電。グッドバイ。まるで魚のようにひたすら泳ぎ続けてたった一度きりの電気イス級の生を。


PHOTO : © Toshiyuki Matsushita

PROGRAM 6

『夏の終わりの妹』
/遊園地再生事業団

日程:2013年9月13日(金)̶ 9月22日(日)
14ステージ
会場:あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)

CAST & STAFF

作・演出:宮沢章夫
美術:林 巻子
音楽:杉本佳一(FourColor/FilFla)
照明:木藤 歩
音響:半田 充(MMS)
衣裳:山本有子
舞台監督:田中 翼
演出助手:山本健介(ジエン社)
宣伝美術:相馬 称
制作:金長隆子(ルアプル) 

なぜインタビュアーの資格を取ろうとしたのか動機をたずねられても、謝花素子は、いまではもう自分でも、それ がなぜだったか忘れていた。高田馬場にある古い映画館で『夏の妹』というやはり古い映画を観たのがきっかけだ。それを監督した人物に創作の動機を質問したいと思った。
自分が生まれた島を舞台にした意味を知りたかった。い や、もっと単純な理由だ。ほんとは意味なんてどうでもよ かった気がする。『夏の妹』は一九七二年の、自分が生ま れるより十年も過去の作品だ。つまり沖縄が日本に返還 された年だった。
自分が住む、東京都渋谷区汝滑町(ウヌヌメマチ)には、 区内のほかのどの町にもないが、たまたま、インタビュ アー資格制度があった。資格さえ取れば、誰にでも、どん なことでも質問ができるとインタビュアー資格制度を案 内するパンフレットにはあった。同時に、資格がなければ 汝滑町では、誰にも、どんなことも質問してはいけない。


PHOTO : © Nobuhiko Hikiji

PROGRAM 7

F/T13イェリネク連続上演
『光のない。(プロローグ?)』

日程:2013年11月30日(土)̶ 12月8日(日)
10ステージ
会場:東京芸術劇場 シアターウエスト

CAST & STAFF

作:エルフリーデ・イェリネク
翻訳:林 立騎
演出:宮沢章夫
音楽:杉本佳一(FourColor/FilFla)
出演:安藤朋子、谷川清美、松村翔子、牛尾千聖、大場みなみ
美術:宮沢章夫
照明:木藤 歩
音響:星野大輔(有限会社サウンドウィーズ)
衣装:坂本千代
舞台監督:田中 翼(株式会社キャピタル)
小道具:長谷川ちえ
演出助手:上村 聡、阿部怜絵
制作:金長隆子
協力:ARICA、演劇集団円
制作協力:遊園地再生事業団、株式会社ルアプル
製作・主催:フェスティバル/トーキョー 

5人の女優の身体、語りに映し出される、「起こったこと」と「語ること」との関係、 その葛藤と希望。
2012年のF/Tでも連続上演され、3.11以後の現実に向き合う問題作として 大きな反響を呼んだ、ノーベル賞作家エルフリーデ・イェリネクの『光のない。』シリーズ。
その最新作『光のない。(プロローグ?)』の演出に、遊園地再生事業団の宮沢章夫が取り組む。
近年は主に現代都市と言語、身体の関係に取り組んできた宮沢が構想するのは、 能の形式を媒介に、「起こったこと」(過去)と「それを語ること」(現在)の関係を検証する場を つくること。劇作・演出家、太田省吾との共同作業でも知られる安藤朋子、谷川清美をはじめ、 70年代後期以後の日本の小劇場演劇を支える5人の女優の身体、語りに、現実とその表現をめぐる イェリネクの問いが映し出される。


PHOTO : ©Tsukasa Aoki

PROGRAM 8

『ΛΛΛ かえりの合図、まってた食卓、
そこ、きっと―――――』/マームとジプシー

[東京公演]
日程:2014年6月8日(日)̶ 6月22日(日) 18ステージ
会場:東京芸術劇場シアターイースト
[北海道公演]
日程:2014年6月28日(土)̶ 6月29日(日) 3ステージ
会場:だて歴史の杜カルチャーセンター

CAST & STAFF

作・演出:藤田貴大
出演:石井亮介、伊東茄那、荻原 綾、尾野島慎太朗、 川崎ゆり子、
   斎藤章子、中島広隆、成田亜佑美、 波佐谷聡、召田実子、吉田聡子 舞台監督:森山香緒梨
舞台監督助手:加藤 唯・丸山賢一
音響:角田里枝
照明:南 香織
照明オペレーター [東京公演]:伊藤侑貴
衣装:スズキタカユキ(suzuki takayuki)
演出助手:小椋史子
当日パンフレット:青柳いづみ
宣伝美術:本橋若子
制作:林香菜、古閑詩織
主催:マームとジプシー
[北海道] NPO法人伊達メセナ協会(NPO法人伊達メセナ協会創立20周年記念事業)
共催:[北海道公演] 伊達市教育委員会
提携:[東京公演] 東京芸術劇場
助成:芸術文化振興基金・公益財団法人セゾン文化財団

マームとジプシーの演劇作家である藤田貴大は、新しい演劇手法である"リフレイン"で注目を受け、 26歳の時に演劇界の芥川賞と呼ばれる、岸田國士戯曲賞を授賞しました。本作はこの授賞作を大幅にリメイクして上演。「家族の風景」や「上京」といった 今まで描き続けて来たモチーフを新たにマッシュアップし、マームとジプシーの集大成として発表。


PHOTO : ©Tomofumi Hashimoto